遠い人にも身近な友にも[コラム]~~かぎやで風~~

石を踏んだ足の痛みではなく、踏まれた石の痛みに軸足を置きながら、その折々、考えたこと、言うべきことを記します。

初霜や夜明けの景色音も無し【No.297】

2017.11.22

〈小雪〉2017/11/22   沖縄の兄から、困惑が混じった電話をもらった。  「多田曜子反権力人権賞を知っているか?」「いや、知らない」  「実は、今年度の授賞対象者の一人として、私が候補にあがっていると打診があった [...]

続きを読む...

冬耕や手に苗なし農を待つ【No.296】

2017.11.07

「立冬」2017/11/08  世界各国のジャーナリストが作る「ICI」は、世界の富裕層の租税回避を明るみにした「パナマ文書」を明らかにしたが、16日、この文書に基づきマルタで政治家の汚職を追及してきたジャーナリストのダ [...]

続きを読む...

日暮れて窓打つ雨に顔映す【No.395】

2017.11.01

【特別号】 〈十三夜〉2017/11/01  衆議院選挙投開票日の10月22日、13:00から長野市の「からこる坐」で、NPO法人クリオン虹の基金の総会が開催され、2016年度の事業・活動報告が承認され、2017年度の活 [...]

続きを読む...

稲架(はざ)仕舞い腰手の老農夫(のうふ)天睨む【No.294】

2017.10.23

〈霜降〉2017/10/23  視力に障がいを持つ知人が、くやしさを滲ませた言葉で次のように語ったという。  「沖縄の辺野古や高江で、基地建設に反対している市民を、機動隊員が暴力的に排除し、けが人や逮捕者まで出ているとを [...]

続きを読む...

身を潜め立待月は人照らす【No.293】

2017.10.08

〈寒露〉2017/10/08  臨時国会冒頭に衆議院を開催した安倍首相が、今回の衆議院選挙について、「国難」に際しての国民の意を問うためと、記者会見で力み返って答えているは、まるで太平洋戦争突入時の古い戦時高揚映画と重な [...]

続きを読む...

ページトップへ

(C)Copyright [ Toshio Iha ] All Rights Reserved.